hide「子ギャル」ついにリリース!雑感をば。

yuo_hide_02

以前も書いたhideのボーカロイドによる新曲「子ギャル」がついに発売されました。
早速聴いてみたので色々雑感を記したいと思います。

hide最後の新曲「子ギャル」に想う。hideの先進性
http://www.suna.xyz/diary/20141028_cogal/

雑感1:マジでボーカロイド!? 再現率がヤバイ

全ての人が懸念していた「そもそもボーカロイドで再現できるの?できたとしてもショボそう..」という疑念はすぐに消え去りました。さすがI.N.A
ホントは歌入れしてあったんじゃないの?と疑うレベルです。

雑感2:ボーカロイドすごいけど、わざとらしいかな

ボーカロイドの再現率はすごいです。完全にhideだし、ボーカロイドだという事を告知してなければ単に未発表音源だと勘違いしてしまうかも。
ボーカロイドであるという点を念頭に聴くと、声よりも「hideっぽい歌い方・癖」を強調した部分が目立つ気がした。往年のhideファンなら「あぁこういう歌い方するね」みたいな心象を持ちそう。

雑感3:短い

文句ばっかみたいになるけど、曲は短い(3:06
もっと聴きたかったなという気がした。歌詞・メロディーもある意味途中でこれからこねくり回される所だったのかもという感じもありますね。

雑感4:iTunesで買ったよ

ファンとしては申し訳ないんですが、iTunesで子ギャルだけ買いました。
擦り切れるほど聴いた既存のシングル曲詰め合わせで3,000円出すのはちょっとね..
肯定も否定もしないけど、「これはhideの意志じゃない!」とか言って怒り出すファンの原点はここにあると思う。

普通にシングルで出せばいいのに、アルバムを出す為だけに既存曲を入れまくるのは複雑な気持ちですね。

雑感5:ありがとうI.N.A さようならhide

色々ネガな事も書いたけど、このプロジェクトをやりきった稲田先生(I.N.A)に多くの感謝をしたい。
素晴らしい再現率です。

こういった未発表曲が出る度に、僕らファンは「hideが還ってきた!」⇒「やっぱりもう居ないんだよね..」という感情のうねりを体験してきた。
今回の子ギャルは「最後の」新曲と、最後宣言をしてきたものだ。きっと最後になるだろう。
大袈裟に言えば、さようなら を本当に言う時が来たような気分だ。

最後のアルバム Ja,Zoo制作時にボツになったもの、zilchのプロジェクトで録ったような音源もあるだろうけど、それは本当にhideの意志じゃない、と封印される気がする。
「最後」の新曲。久々にわくわくしました。
今でも、往年のアルバムや X の曲を聴いてます。本当にさようなら hide