SPDペダル・シューズに早速移行してみた ⇒ すぐ慣れた話

spd3

もうすっかりSPDを使ってるけど、一応まとめておきました。
ロードバイクを始めた人が避けて通れないのが、ビンディングペダル・シューズの話。
ザックリいうと、ペダルと靴を固定して回転効率を上げるための装備ですね。

とりあえずSPDで入門してみた

ビンディングには大きく分けてSPDとSPD-SLの2種があるようです。
固定力はSPD-SLの方が高く、レースに出るような本気の人はこっちです。難点は歩き回れない事。
SPDは固定力は劣るものの、シューズを固定するクリートという部品が小さいし、靴のソールより着地面が上なので干渉せず、歩きやすい。

初心者はSPDから入る人が多く、ハマっていくとSPD-SLを試し、その内3-4万するSPD-SL用の靴も購入…みたいになるようです。
そこまでいくかは置いといて、とりあえずSPDを試してみたかった。という感じ。
ちなみにペダルは片面SPD、片面フラットの初心者向けのものにしました。

靴はシマノのクリッカーにしました。12,000円前後のを8,000円で購入できました。
初心者はとりあえずシマノで十分..というか信用を買ったようなもんです。

spd1

spd2

もうこれで何回も走っているのでクリートは汚いです。SPDのクリートは丈夫なのでまだまだ大丈夫。

あれ?くっ付かない ⇒ 杞憂だった

最初、家のベランダで試したんですがクリートが全然ハマらなくて「??」な状態に。
走る ⇒ 止まるの繰り返しの中で装着/脱着がスムーズに出来ないと転ぶし、場合によっては大怪我をしかねません。
もしかして自分、センスがないのか?! と自信喪失しかける。

実走しつつ練習

めげずに外に出て、実走しつつ試したら簡単に装着できました。外すのも余裕。なんだ簡単じゃん。

どうやら家でやった時は停止した状態からバランスを取り、恐る恐るやってたので推進力を伴わず、装着出来なかったんじゃないかと予想。
普通に漕ぎ出す要領でハメようとしたら面白いくらい簡単でした。

肝心の効果は

ビンディングの効果でよく言われるのが『引き足効果』ですね。
押し漕ぐ力だけでなく、引く力を足せる的なやつです。これもまぁまぁ実感できました。引き足を使うと時速がに3-5kmぐらい上がる感じ。
でもそれを維持する持久力が無いですね…すぐバテちゃう。

慣れてからが怖い。油断は禁物

というわけでSPDデビューはいい感じに終わりました。
慣れた頃に交差点で止まる時、一瞬SPDな事を忘れてて焦りました。あと1秒くらい遅かったら倒れてた。
何事も慣れてきた頃が恐ろしいので気を引き締めよう‥。

慣れると両面SPDでいいや、て気に。

完全に慣れると片面フラットが鬱陶しいですね。SPDを選択するなら両面をチョイスした方が将来的にいいかもしれません。
両面SPDにするとまたいくらか掛かるし、ペダルレンチも必要だし…困る。
とりあえずは片面SPDでしばらく様子を見ようと思います。