Cannondale Drapac消滅の危機?

La Vuelta ciclista a Espana 2017 stage 9

ブエルタが盛り上がっている中、衝撃的なNewsが来ました。
ワールドツアーチーム・Cannondale Drapac(キャノンデール・ドラパック)の財政状況が思わしくなく、消滅の危機です。

●スポンサー撤退により、予算不足
新スポンサーが撤退した煽りを受け、700万US$の不足です。
日本円で約7億~8億で、Cannondale Drapac 年間予算の約半分近くが足りてないという危機的な状況。
ワールドツアーチームの概算での年間予算は12~30億と言われてるので、スポンサーの景気次第で吹き飛んでしまうのが現状。

●ブエルタ第9ステージでの無言の悲痛なアピール
チーム選手にも状況は報告されているようで、他チームとの契約交渉を容認した模様。
いわゆる、選手たちの「転職活動」が始まる。
とりあえずブエルタという大舞台に今出ている選手らは、第9ステージで先頭牽引を開始。
La Vuelta ciclista a Espana 2017 stage 9
本来であれば総合1位のフルームを擁するチームSkyが牽引を担うのが暗黙のルールですが、
他チームもCannondale Drapac の現状を察し、牽引(アピール)を譲りましたね。

UCIポイント的にも安泰だったCannondale Drapac、クラウドファンディングでの募金も開始したようですが
来シーズンがどうなるのか、引き続き注視する必要がありそうです。