Giro2018 チーム別総括

暫定でスタートリストが発表されたので、チームごとに所感をまとめます。

●Team Sunweb ★
デュムラン:総合2位 / ステージ1勝
オーメン:総合9位
安定感のある走りで総合2位のデュムラン。オーメンの働きも素晴らしかった。
フルームが強すぎて2年連続はならなかったが着実にグランツールレーサとしての実績を積んでますね。

●AG2R ★★☆
ジュニエ:総合11位
ツールに賭けるチームなので、こんなもんというところ。
デンツなど、いい選手は揃ってるのでツールに期待。

●Astana ★★☆
ロペス:総合3位 / 新人賞
ビルバオ:総合6位
ステージ勝利はなかったものの、チーム力で好成績。
ロペスの最後の方の動きは顰蹙を買ったと思うけど、まぁこれからですね..

●Bahrain Merida ★★☆
ポッツァヴィーヴォ:総合5位
モホリッチ:ステージ1勝
ポッポが頑張って目標通りの総合5位内。表彰台を逃したのは残念だった。
モホリッチは得意のダウンヒルで魅せてくれました。
ヴィスコンティなど、全体的に目立つ動きをみせていたのは流石。

●BMC ★
デニス:総合16位 / ステージ1勝 
初日は惜しかったが、16ステージのTTで勝利。
2日目からマリアローザも着れたので御の字な結果。

●BORA – hansgrohe ★★☆
コンラッド:総合7位
フォルモロ:総合10位
サムベネット:ステージ3勝
ベネットはクイックステップ独断場を阻止する3勝。
コンラッドがここまで強いとは…
サガンもマイカもいないけど、戦えるということを示してますね。

●Groupama – FDJ ★★☆
ピノ:最終日リタイア
ピノがまさかの20ステージで失速。。なんてついてないんだ。
かなり食らいついていた & ピノで目立てたのでこの星数に。
エフデジ監督の「残念だ、でもこれがロードレース」という言葉に重みを感じます。

●Lotto Fix All ★★☆
ウェレンス:ステージ1勝
クラシック風登りスプリントで安定の1勝。
逃げがなかなか容認されない今回のジロだったがなんとか面目を保てた。

●Mitchelton-Scott ★
イェーツ:ステージ3勝 / マリアローザ最長着用
チャベス:ステージ1勝
ニエベ:ステージ1勝
イェーツ爆発。そして後退。非常に残念だったけど、これからイェーツ兄弟のマークは更に厳しくなりそう。
チャベスも惜しかったけど、最後にニエベが1勝と、チーム力の高さを示しました。

●Movistar Team ★
カラパス:総合4位 / ステージ1勝
もっと空気になるんじゃないかと思いきやカラパスで1勝 + 新人賞争い
本番はツールにて。

●Quick-Step Floors  ★
ヴィヴィアーニ:ステージ4勝 / ポイント賞
シャフマン:ステージ1勝
はいはいヴィヴィアーニ、ヴィヴィアーニw
とはいえ、ベネットがかなり肉薄してきたのでなかなか面白い争いに。
シャフマンで山岳も勝つとか、チーム力が高すぎる。

●Dimention Data ★☆
メインティスもアントンもパッとせず。。
UCIポイント大丈夫ですかw

●Team EF Education First-Drapac p/b Cannondale ★★☆
ウッズ:総合19位
モドロは平坦では毎回惜しすぎた。かなり消化不良でしょう。
ウッズも期待してたほどパッとせず。
ツールで頑張りましょう。

●Team Katusha – Alpecin ★☆
ゴンサルベス:総合14位
マルティンが出てきた時だけワクワクするチームに。
逃げ容認ステージが殆どなかったので仕方ない…

●Team LottoNL-Jumbo ★★☆
バッタリン:ステージ1勝
ジョージ・ベネット:総合8位
クラシック風ステージでバッタリンが1勝。
ジョージ・ベネットはアタックで度々総合争いを面白くさせてくれました。

●Team Sky ★
フルーム:総合1位 / ステージ2勝
前半はフルームの不調が目立ち、やはりスカイはジロとの相性が…
と思いきや、第19ステージでの革命で全てをひっくり返した。
ツールにフルームが出れるかは未知数(サルブタモール問題で)
出たとしたらモビスターや他チームから徹底マークされますw

●Trek – Segafredo ★☆
コンタドールもいなくなった今、アタックや逃げで頑張るものの結果は出ず。

●UAE-Team Emirates ★★☆
アル:リタイア
イタリアの星、アルはリタイア。最後の方は見てられないくらい落ち込んでましたね。
残りメンバで逃げやアタックを試みたものの、結果は出ず。

予想:
1位:デュムラン
2位:フルーム
3位:ロペス

結果:
1位:フルーム
2位:デュムラン
3位:ロペス

お、あながち外してないぞw
今回はフルーム(SKY)がこういう勝ち方もできるんだぞ(リスク高いけど)という
結果を示した大会でしたね。

ゾンコランやフィネストレ峠など、やるべきタイミングでやる、というフルームの覚悟に
蹴落とされた感が強いかなと。
デュムランはもっと単騎で攻めるべきだった。

さて、1か月後のツールを楽しみに待ちましょう。。
(その前にドゥーフィネとスイスもね)