レッドウィング ベックマン9011 を手入れしました

9011_4

先日、昼下がりにボーっとしてたんですが、「靴磨こう!」と思い立ち久々に手入れしました。
手入れするのはベックマン9011。
手持ちの靴でまともに手入れするのはこれだけですね。スニーカーはガシガシ履いて買ってを繰り返せばいいですが、ブーツは別です。

手入れ準備

とりあえずベランダにやってきました。シューレース(紐)を外してあげます。
シューレース部分の埃をブラシで掻き出します。
溜まっていると掃除してる感があっていいですね。今回はそんな無かったです。

9011_1

お手入れ開始

全体をさくっとブラシで磨いてあげます。
ブラシの先がギリギリ擦れるくらいでシャカシャカ磨きます。
コバの部分は埃が溜まりやすいので搔き出すようにシャッシャッと。

9011_2

クリーム

僕はレッドウィング純正のクリームを2種類使います。
クリーム色は普段用。バーガンディー色は特に擦れが酷い箇所の補修です。
今回は特に痛んでないようだったのでクリーム色を使います。

9011_3

ポイントは付け過ぎない事。磨き用のタオルでまんべんなく伸ばします。
付ければ付けるほどキレイになりそうなイメージがありますが、付け過ぎると乾かない & 革が呼吸できなくなるのでほどほどに。

9011_4

最後にまた磨く!

クリームを馴染ませ、乾いたところでまたもブラシでガシガシ。
クリームを付けるとツヤが消えますが、ブラシで擦るとまたツヤが出てきます。

9011_6

しかもツヤがよくハッキリと出ます。
これを繰り返し何年もやる事で古さの中にいい渋みが出てくるだと思います。
磨いてシューレースを戻した後は、しばしの鑑賞タイム。
ブーツ好きは多分小一時間眺めてられるんじゃないでしょうか。

9011_7

僕はベックマンは真正面からの図が好きです。アイアンレンジだと真後ろがカッコイイですよね。

まとめ:靴磨きは男の贅沢な時間

レッドウィング等の本格ブーツは手入れをして付き合うブーツなので、シーズンごとにガッツリ手入れする必要があります。

手入れ方法は人それぞれ、ブーツごとに異なるので、自信のない人は店員さんに聞けば目を輝かせて教えてくれますよ。
(アメ横やレッドウィングのオフィシャル取扱店の人なら尚更です)

お金に余裕のある方は靴磨き店に預ける or 丸洗いを依頼するのもいいと思います。