penを買ってみた。今号はなんと、エディスリマン特集です

main130

penって初めて買ったんですが、雰囲気がいい雑誌ですよね。
今回の特集は元Dior HOMMEの初代ディレクター。現サンローランのディレクター。エディ・スリマンです。
普段ファッション雑誌を買うような機会はほとんど無くなりましたが今回の特集を見た瞬間、あ、買わなきゃと感じてしまいました。
この真っ黒な表紙もいい。penは特集ごとにその特集対象物への強いリンクを感じさせてくれますね。



世界中のメンズデニムのスキニー化を起こしたエディ

エディを語るに外せないワードがスキニーデニムです。2000年初頭、Dior HOMMEのディレクターに就任し打ち出してきたスタイルがロックをテーマに表現したスキニースーツ、デニム、ナロータイ、短い着丈のテーラードジャケット等です。
UNIQLOまでもがメンズ用のスキニージーンズを出すようになった背景にはこの件が絡んでいます。

個人的なエディ・スリマンの想い出

エディのDior HOMMEの圧倒的なムーヴィメントがやってきたのが僕が19歳の頃でした。
メンズノンノに出てるスタイリストなんかは殆どの人がDior HOMMEのアイテムを買ってました。
金のない学生の僕はなけなしの金で雑誌を買い、Diorぽいドメスティック(国内)ブランドを買うだけで精一杯という記憶しかないので、憧れの対象としてDior HOMMEはずっと在り続けてます。
一番好きなコレクションは2004秋冬~2005年春夏・秋冬両方ですね。もうひたすらにカッコイイ。今でも全然色褪せない。この3コレクションの服を全着持っていれば一生コーディネートに困らないんじゃないかと思います。

penで辿る現在のエディ

肝心のpenは現在のエディの特集です。Dior HOMMEを去り、今はサンローランで腕を振るってるエディですがサンローランのコレクションの全ルックとエディを解析するワード等が紹介されています。
個人的にはDior HOMME時代をもっと取り上げて欲しかった。流石に無理か。
2007年にファッション界を去り、7年ぶりに帰ってきたエディが展開するスタイルはやはりスキニー、ロック、美しいテーラードです。30歳になる今でも満足に購入できるアイテムはありませんがずっと追い続けたいデザイナーであることは間違いないですね。

2015年春夏はややウエスタンとアメリカンヒッピーを混ぜたようなコレクション。
裾切りっぱなしのスキニー、刺繍アイテムが目立ちますね。


Leave a Comment.