TDF2018 チーム別総括

今年もツールが終了。
まさかの結果や多種多彩なコース設定、スプリンター殺しなど、いろいろありました。
チーム別の総括を。

●Team SKY★
Gトーマス:総合1位 / ステージ2勝
フルーム:総合3位
まさかのGトーマスの総合優勝。「エースはあくまでフルーム」と言いながら安定感ある強さでそのまま優勝してしまった。
3週目にさらっとフルームにマイヨジョーヌを渡すんだろうな。と16ステージくらいまで思ってたけど、アレ..?アレレ??な結果に。
TTも山岳もトーマスが最強と示すのに十分な出来でしたね。モスコンはマジで反省しろ。

●Team Sunweb★
デュムラン:総合2位 / ステージ1勝
ジロに続き、総合2位。この安定感と爆発力で唯一スカイを最後まで苦しめたのは結局デュムランだけでしたね。
来年以降もグランツールの主役は間違いなくこの人になるでしょう。

●Team LottoNL-Jumbo ★
ログリッチ:総合4位 / ステージ1勝
クライスヴァイク:総合5位
フルーネヴェーヘン:ステージ2勝
今年大きく飛躍したロットNL。ログリッチは総合を目指す初年のお試しとしては申し分ない結果に。
表彰台を逃したのは惜しかった。クライスヴァイクとのダブルエースも上手く機能してましたね。
フルーネヴェーヘンは途中リタイアしたけど、連勝し一流スプリンターの仲間入り。

●AG2R ★
バルデ:総合6位
ラトゥール:新人賞 / 総合13位
今年もバルデはダメか…だけどラトゥールのアシストにかなり助けられましたね。
ラトゥールは新人賞を獲得したので御の字。

●Movistar Team ★
ランダ:総合7位
キンタナ:総合10位 / ステージ1勝
バルベルデ:総合14位
トリプルエースとはなんだったのか…落車が多かったのもあるが、残念な結果に。
キンタナ村長はなんと5年ぶりのTDFステージ勝利とのこと。

●UAE-Team Emirates ★
ダン・マーティン:総合8位 / ステージ1勝 / 総合敢闘賞
クリストフ:ステージ1勝
ダン・マーティンが果敢な走りで攻めたもの、力を使い過ぎたか、みるみる後退。
しかしガッツが認められ、総合敢闘賞をGet
山でも平坦でも存在を示せたのでチームとしては成功。

●Team Katusha – Alpecin ★
ザッカリン:総合9位
ザッカリンが孤独に頑張り9位。せめて1勝ほしかった。

●Quick-Step Floors  ★
アラフィリップ:ステージ2勝 / 山岳賞
ガビリア:ステージ2勝
アラフィリップが山岳賞。誰が予想できてただろうか。
とにかく山岳も下りもアラフィリップは強すぎた。
平坦は初出場のガビリアが2勝。平坦も山も相変わらずクイックステップ旋風でした。

●BMC ★
TTT:勝利 
スポンサー問題で揺れるBMCは期間中に来シーズンの展望が決定。
アーヴェルマートが意地でマイヨジョーヌを数日着たりと、チームとしての面目は果たした。

●Astana ★★☆
フライレ:ステージ1勝
コルトニールセン:ステージ1勝
フルサング:総合12位
総合が危うい、と分かった途端ステージ勝利へ切り替え。そして2勝。
臨機応変さと地力の強さで存在感を示しましたね。

●BORA – hansgrohe ★
サガン:ステージ4勝 / ポイント賞
昨年のくやしさを晴らしつつ、安定のポイント賞Get。
なお、期間中に離婚が決定。

●Bahrain Merida ★
ニバリがリタイアした日から目標を見失うが、逃げ勝利を達成できず。
コルブレッリのスプリントは昨年に比べれば抜群に飛躍。サガンを2回ほど苦しめられた。
ニバリ落車は翌年以降の主催者や観客に秩序を求める大きなきっかけになりましたね。

●Trek – Segafredo ★
デゲンコルブ:ステージ1勝
空気で終わるかな?と思いきやデゲンコルブが第9ステージ。ミニルーベで勝利
これでいよいよ復活か。怪我以降、色々言われてたんだろうなぁと推察してしまうくらいの男泣きを披露。

●Team EF Education First-Drapac p/b Cannondale ★★★
クラドック:心の敢闘賞
負傷者多数
ウランがぱっとせず、負傷者多数のキャノンデール。
クラドックは初日から落車⇒肩甲骨骨折しながら21ステージまで走り切る快挙を達成。
ステージごとに100ドルを募金しつつ、痛みに耐えて走る姿が観客に感動を与えた。
タイラーファニーは顔面を骨折しつつ走り切るという痛みに耐えるプロ集団でした。
成績(獲得賞金)は最下位だけど、印象に残ったという意味で星4つ。

●Mitchelton-Scott ★
サイモン・イェーツがジロで覚醒したので、当然アダムにも期待…とそんなに上手くいかなかった。
ジロから引き続き出てるニエベがステージを逃すなど、あと一歩で終わる場面が多かった。

●Lotto Fix All ★
ゴリラは途中リタイア(来シーズンが未定)。デヘントも今年は空気。
チーム名にNewが付いたのも途中、皆忘れてたんじゃないでしょうか。

●Groupama – FDJ ★
デマール:1勝
アラフィリップなどのフランス人が頑張ってるので、デマールはなんとしても…という状況から1勝をGet。
まぁそれ以外は相変わらず空気だったので大丈夫でしょうかね

●Dimention Data ★☆
カヴェンディッシュがリタイアしたので目標を見失ったまま終了。
ジロに引き続き、大丈夫だろうか。

●Direct Enargie ★★
シャヴァネル、最後のTDFに。ほぼ連日逃げまくることで存在感抜群でしたね。
エフデジよりフランスチームとしてちゃんと働いてるんじゃないかという気がします。

●Wanty ★★
マルタン:総合21位
マルタン以外知らないんですが。
まだ25歳。まだまだ上を目指す。

●Fortuneo ★★
バルギル:総合17位
バルギルは昨年ほど目立てず。注目度は高かっただけに残念。
いっぱい映ったので星3。

●Cofidis ★★
ブアニがいてもいなくても結果は一緒か?w
ラポルトなどが惜しかった。

—-

さて、答え合わせ。

予想
1位:ニバリ
⇒Gトーマス
トーマスがここまでやるとは実は思ってなかったです。
というか相変わらずSKYは強いし、モビスターは期待外れだったという感じ。

2位:ランダ
⇒デュムラン
デュムランが安定で連続2位。ランダは思ったほど爆発しなかったなという印象。

3位:デュムラン
⇒フルーム
途中失速もしたけどやはりフルームは最強。調子少し悪くても表彰台登るんだものww

ポイント賞:サガン
⇒サガン
ラッキー問題ですね。
ガビリアが3週間リタイアしなかったらどうなってたかは見たかったかな。

山岳:バルギル
⇒アラフィリップ
これを当てられた人はいるんだろうか。
いや、強いのは知ってるんですが、アラフィリップが山岳賞を狙うイメージがなかったので。。

新人:ベルナル
⇒ラトゥール
ラトゥールのことを忘れてました。ベルナルはチームのために走ったので賞は度外視だった模様。
2~3年後、マジで狙いだしたら間違いなく中心人物になるでしょう。



次回はブエルタにて。