東日本クリスマスチャリティーマラソンを走ってきました

koukyo3

だいぶ前ですが、昨年末12/13 荒川沿いで行われた東日本クリスマスチャリティーマラソンを走ってきました。
エントリー代が被災地福島の子ども達へのプレゼント(絵本など)に寄付されるチャリティー型マラソン大会です。
やっと運営側から写真がアップされたので記事として挙げときます。

東日本大震災復興マラソン~クリスマスチャリティラン&リレーマラソン
http://www.sportsone.jp/ccr/

出場した経緯

友人である河島さんが東京マラソンに受かってしまい、皇居練習を行ったのが10月。
しかし、2周で足首を痛めるという状態だったのでリベンジ & 練習のためエントリーしました。
ハーフに一度出ていればフルへの心構えが少しは付くからです。

とか言いつつ、東京マラソンはもう3週間後じゃないか!大丈夫かな…

参加者の年齢層は若め

参加者の年齢層は結構若かったです。ゆるい大会だからかな?みんな偉い。
ちなみに本大会では4つの出場枠があります。

・ハーフの部(21km)
・10kmの部
・5kmの部(サンタコスプレ)
・親子2kmの部

コスプレ枠では女性がチューブトップのサンタコスなんかを着ていました。寒そう!
一番多いのはもちろんハーフ。2-30代の人が多い印象でした。60代くらいの人もチラホラ。
バリバリのランナーよりも「チャリティ目的でノリで参加しました」みたいな人も結構いるっぽい。

良かった点

距離が正しかった
小規模なマラソン大会では距離が曖昧・適当ですが今回はぴったり21kmちょいでした。
走ってる時は「500mくらいズレてないか?!」 と思いましたがトータルではぴったり。

走り慣れた風景
普段江戸川沿いで走ってる僕としては、荒川沿いは風景が似ているので気持ち的に走り易かったです。
しかし残念なのは、似たような風景が続くので面白みに欠ける点ですね。(おまけに風が強かった)
意図的にか、折り返し地点はアップダウンになっており、ランナーをいい感じに苦しめてくれます。

アットホームな大会
チャリティー目的なのでガンガンと記録を狙う雰囲気でなく「目標は完走です~」みたいな雰囲気漂うゆるい空気感でした。大会全体がでっかいサークルみたいな感じ。
司会者の方々が盛り上げに奮闘してる様が微笑ましい感じでした。

悪かった点

着替える場所が… & 荷物置き
荒川沿いのテントでの着替え、別テントでの荷物置きだったので盗難や間違いがちょっと心配でした。
運営がしっかりしていたので大丈夫でしたが、野外なのでこれは仕方ないですね。

自転車 & 通行人
荒川沿いはロードバイク乗りのスポット(荒川CR)なのでロードバイク乗りが多かったです。
混みあうとか接触はなかったのですが、ちょっと危なげな印象。

肝心のタイムは2時間1分。風が強かったのと、タイムを目指すような大会でない事もあり、まったりと。
しかし、終わった数日後右足かかとの筋を痛める羽目に…。2週間ほど静養してなんとか治りました。

チャリティーのプレゼントが被災地に配られた様子は下記から見られます(要Facebookアカウント
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.779635085419108.1073742688.189428304439792&type=1

当日の写真は下記から見られます(要Facebookアカウント。僕は5枚くらい載ってました
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.788126624569954.1073742707.189428304439792&type=1